ドクダンとヘンケンの映画倉庫

僕の好きな映画について、好き勝手に書きたいと思います。

😈file3「ハクソーリッジ」👶

f:id:hiro0880:20170715105221j:image

 

😈「この作品は、2017年の6月24日に日本で公開されました」

 

👶「前の2作よりもぐっと最近の作品だね」

 

😈「この記事を書く7月15日現在にも公開されている作品のため、ネタバレは少なめに語っていきたいと思います」

 

👶「誰に対しての気遣いかわかんないけど」

 

😈「……さて、話を続けましょう。この映画はメル・ギブソン監督作品で、前作アポカリプトから約10年ぶりに監督を務めました」

 

👶「10年って結構間が空いたんだね」

 

😈「私生活で何かと色々ある人物ですから…それはさておき、彼はとんでもなく面白い映画を撮れる人物です」

 

👶「メルさんの主演したマッドマックスは知っているよ?」

 

😈「マッドマックスやリーサルウェポンなどで魅力的なヒーローを演じた俳優、メル・ギブソン。初めて監督したのは、顔のない天使という作品です」

 

👶「面白そうなタイトルだね!」

 

😈「ブレイブハート、パッション、そしてハクソーリッジの前作にあたるアポカリプトなど、衝撃的な作品を手がけてます。そこには彼の宗教観などが反映されていたり、描写も残酷だったりで物議を醸しますが、どの作品も一級品です」

 

👶「ドクダンはメルさんの監督した映画でハクソーリッジが一番好き?」

 

😈「うーん…決めかねますが、アポカリプト、ブレイブハートは私の心に深く残ってますね。その3作は同列に大好きです」

 

👶「メルさんラブだね!」

 

😈「そうですね。話を戻して、ハクソーリッジ。これは直訳すると“弓のこ状の崖“というような意味になりますが、それは沖縄にある前田高地という場所を指します」

 

👶「むむ、日本の戦場が舞台なんだね!」

 

😈「そして主人公はアメリカ人ですから、日本軍は敵軍ということになります。日本人としては少し複雑ですが、メル・ギブソンが偉いのはその描き方です」

 

👶「描き方?」

 

😈「日本軍を描く際に、充分に注意しながら描いてるのがわかります。実際にあった凄惨な戦場の有り様を、嘘偽りなく描写し、なおかつ日本軍が“悪“という描き方をしていないのです。それよりも、“恐怖“という描き方ですね。日本軍の粘り強さをアメリカ軍は恐れます。しかし、ヘンケンも知っての通り、この戦いの勝者は決まっています」

 

👶「戦争映画って語られるのがどの国かによって見え方が異なるから、撮るのが難しいと思うな」

 

😈「珍しく良いことを言いますね。まさしくその通りで、メル・ギブソンは沖縄で戦った兵士さんたちへのリスペクトも忘れずに、当時のアメリカ軍と、主人公のデズモンド・ドスを描くのです」

 

👶「そのドスさんってのは何者なの?」

 

😈「銃を持つことを頑なに拒否して、戦場で衛生兵として多くの人命を救った英雄と呼ぶべき実在よ人物です」

 

👶「え!銃を持ってなかったんだ…」

 

😈「そうです。しかも彼はこの映画で、戦場に誰よりも長く残り続け、一人でも多く救えるように祈りながら、人命救助を続けました。それは、敵であるはずの日本軍も例外ではありません」

 

👶「なぜそんなに危険なことをしたの?」

 

😈「なぜ、という理由は他にもあると思いますが、彼は敬虔なキリスト教セブンスデー・アドベンチスト教会という組織の信者であり、その教義を忠実に守ったからです。その教義の一つが、人を殺してはならないというものです」

 

👶「ほおほお」

 

😈「そして土曜日にお休みしてお祈りをするっていう決まりもあります」

 

👶「へぇー!」

 

😈「そんな彼も、戦争で死にゆく友人などの兵士を見過ごせなかったわけですね」

 

👶「でも、銃を持たないで軍にいれるの?」

 

😈「その問題は、作中に重要な意味を持っています。軍の上層部や仲間たちに、銃を持たないのは命をかけていないこと、という風に解釈されてしまうからです」

 

👶「それでも負けずに貫き通したんだね!」

 

😈「その貫き通す姿こそ、この映画の描きたいテーマだと私は思いました。

 

👶「絶対見に行くよ!」

 

😈「本当ですか?なら一緒に行きましょうよ」

 

👶「それはやめておくよ…」

 

😈「なんか傷付きました。とにかく、この映画を日本人が見ることは意義があると思います。歴史上の民間人への暴力など、描かれ得なかったものもあると批判する人もいますが、考証をとてもしている映画なので、誠実さを感じました」

 

👶「難しいことはわからないけど、とりあえずおすすめなんだね」

 

😈「無神論者の私にも、心に響く作品でした。普遍的な“正しさ“が描かれているからだと思います。是非、劇場で見てください」

 

😈file2「チャイルドプレイ」👶

f:id:hiro0880:20170713132334j:image

 

😈「今回はチャイルドプレイです。なんだか怖い人形ですねぇ」

 

👶「そう?プリティーだと思うよ?」

 

😈「ヘンケンは子供ですからね、おもちゃに弱いのでしょう」

 

👶「この人形が暴れ出して、人に乱暴するようなことにならない限り、怖いとは思わないよ」

 

😈「ヘンケン、君はこの映画見たことあるでしょ?」

 

👶「ないよ?」

 

😈「…まぁ、良いでしょう。この作品はとても人気なホラーで、シリーズは6作品まであります。そして2017年、7作品目を製作しているようです。」

 

👶「結構たくさん続編があるんだね!」

 

😈「ホラー作品はきっと、熱狂的に好きな人がいるので続編が多く作られるのだと思います」

 

👶「そうなんだぁ」

 

😈「さて、記念すべき一作目であるチャイルドプレイ。刑事に撃たれ絶体絶命の殺人鬼が、呪文を使っておもちゃ屋にあった“グッドガイ人形“へと乗り移ることから物語は始まります」

 

👶「呪文??なぁにそれ?」

 

😈「私も最初、この作品を見たときはなぁにそれ?と思いましたが、ブードゥー教という民間信仰の信者である殺人鬼が、死の直前に人形へ乗り移って死を免れるということらしいです」

 

👶「なんだか無茶な話だね」

 

😈「まぁ、ホラー映画に無茶がなかったら殺人は起きませんからね。…そして、殺人鬼が乗り移った人形を、そんなことを知る由もないアンディくんのお母さんは、安値で買ってしまうのです」

 

 👶「あらま!やばいじゃないの」

 

😈「アンディくんは、グッドガイ人形をクリスマスプレゼントとして貰って大喜びします。それからというもの、“チャッキー“と名乗る人形とヒソヒソ話したり、とにかくいつも一緒です」

 

👶「なんかほっこりハートフルな映画だね」

 

😈「しかし、グッドガイ人形“チャッキー“の中には殺人鬼が乗り移っているのですから、何も起こらない訳がありません。ある日、お母さんは帰りが遅くなるため、アンディくんの子守を友人に頼みます。そこで、その友人が窓から転落する“事故“が起こってしまうのです!」

 

👶「あれま!!大変だ!」

 

😈「もちろん事故などではなく、チャッキーがお母さんの友人を殺害したのですが、アンディくんの証言は大人たちに通じません。殺人でなく自殺と断定され、事件は事故として処理されます。今回の出来事を捜査をしていたのは、冒頭で殺人鬼を追い詰めていた刑事でした」

 

👶「チャッキーはアンディくんに危害を加えないの?」

 

😈「チャッキーは殺人鬼ですが、あくまで人形です。凶器もおもちゃのナイフや工具セットなど。普段は人形のふりをして、アンディくんに何処かに連れて行って貰います」

 

👶「なんだかアンディくんがかわいそうだね」

 

😈「そうですね。チャッキーはアンディくんを利用しているだけです。アンディくんはチャッキーを裏切った仲間の家が爆発してしまった事件をきっかけに、精神病院に連れて行かれてしまいます。もちろん、犯人はチャッキーです」

 

👶「あれま!アンディくんは何もしてないのに!」

 

😈「大人たちはチャッキーが犯人だと言うアンディくんの頭の心配ばかりしてますね」

 

👶「その後アンディくんはどうなってしまうの?」

 

😈「最終的には、チャッキーが普通の人形ではないと理解したお母さんと刑事に助けられます。チャッキーは、人形の身体からアンディくんの身体へと乗り移る計画を実行しますが、失敗します。暖炉の中で燃やされ、銃で撃たれ、殺人鬼は人形のチャッキーのまま絶命します」

 

👶「アンディくん、良かったね!」

 

😈「この映画の見所は、人形チャッキーの少しだけチープにも見える動きや、アンディくんの愛らしさ、そして物語の不気味さですかね」

 

👶「なんだか僕も、人形になってみたい気がしてきたかも」

 

😈「なぜです?」

 

👶「歩くの面倒くさいから」

 

😈「…」

 

😈file1「スカーフェイス」👶

f:id:hiro0880:20170713053737j:image

 

😈「スカーフェイス、それは傷のある顔という意味です。タイトルから、どんなストーリーを想像しますか?」

 

👶「うーん、わからないけど、某錬金術師の漫画でも、スカーという敵キャラがいたね!」

 

😈「確かに私もそのキャラは知っていますが、全く関係ないですね。」

 

👶「あっそう」

 

😈「この映画は、ある一人の青年が裏社会で成り上がり、破滅してゆくという物語です」

 

👶「DVDのパッケージを見ると、なんか怖そうな人だね…」

 

😈「確かに怖いですが、このトニー・モンタナという人物はとても魅力的です」

 

👶「どんなところが?」

 

😈「まず、彼は誰に対しても屈することなく、自分の気持ちを伝えます。相手がギャングのボスでも、それは変わりません」

 

👶「ふむふむ」

 

😈「そして彼は、野望に向かって突き進んで行きます。社会の底辺でくすぶっていた彼は、物語中盤で麻薬王にまでなるのです」

 

👶「あれま!」

 

😈「他のギャングたちと比べて、トニーはハートで勝負!というキャラなのです」

 

👶「でも、そんなやり方をしていたら危なくないの?」

 

😈「危ないです。その危なっかしさがたまらなく格好良いです。ハッタリも得意だし、とにかく怖いもの知らずです」

 

👶「でも、どうしてそんな人が破滅してしまうの?」

 

😈「この映画は1932年の“暗黒街の顔役“をリメイクしたもので、その物語に沿った形でトニー・モンタナは破滅していきます。しかし、破滅する理由が少し改変され、今作ではある人物の暗殺に失敗することをきっかけに、逃げ場もないほどに追い詰められるのです」

 

👶「あれ?ドクダンはその“暗黒街の顔役“も見たんだね?」

 

😈「……それは聞かないでください」

 

👶「見てないの?ちょっとがっかりしたなぁ」

 

😈「今度見ます。見たらここに書くので、許してください」

 

👶「はいはい」

 

😈「で、話は戻りますが、スカーフェイスはこの“破滅の美学“がとても残酷で、魅力的なのです」

 

👶「悪いことはしちゃダメだね」

 

😈「そうですね。暗殺の失敗の他にも、トニーは衝動的にとった行動で、どんどん破滅に追い込まれていきます。そして最後、彼に残ったのは深い絶望と孤独だけだったのです」

 

👶「悲しいなぁ…」

 

😈「鑑賞後、なんとも言えない気持ちになりますね。トニーがギラギラと野望を抱いていた頃が懐かしく、輝いて見えるような気もします」

 

👶「なるほど」

 

😈「このスカーフェイスは、ラッパー達のアイコンになるほど、カルト的な人気を持っている作品です。アル・パチーノの迫真の演技、えげつないほどの残酷描写、ブライアン・デ・パルマ監督の独特な演出、煌めく80年代のマイアミのネオン……とにかく印象に残る作品でした」

 

👶「また見たい?」

 

😈「あと100回くらい見たいですね」

 

ドクダンとヘンケンの映画倉庫へようこそ。

 

😈「初めまして、私はドクダンという者です」

 

👶「こんばんはドクダン。僕はヘンケンだよ。君は顔色が悪いから信用出来ないね」

 

😈「こんばんはヘンケン、相変わらず君は人を見かけで判断するね」

 

👶「さぁ、どんな面白い話をしてくれるの?」

 

😈「面白いかどうかはわからないが、私が見た映画について話すよ」

 

👶「それはつまらなそうだね」

 

😈「……まあ、話していてもらちがあきません。早速私の話を始めましょう」